社長挨拶

昭和61年8月の創業以来、お客様に支えられて今日あることに心より感謝申し上げます。

弊社は設立当初より、新築及び改修工事を手掛けて参りました。その過程で育った人材、技術力は何よりもの強みであり、宝であると確信しています。特に工事を末端で支える各工種の職人集団との直接連携は、高品質、低コストでのパフォーマンスを実現して参りました。

太陽光発電に関しましては、30数年前に京セラ名誉会長、稲盛和夫氏がソーラーエネルギー事業を開始した動機である「太陽エネルギーの利用を通じて、人々の幸せに貢献する」という大義に感銘を受け、太陽光発電の普及を通じて、「世のため人のため」に役に立つことを願い、全社を挙げて取り組みをしております。

昨今、福島原発事故で、世界的にエネルギー政策が見直される中、私たちは枯渇することがない再生可能エネルギーであるソーラーエネルギーが、クリーンで安全な世界のエネルギー源となることを確信し、私たちの働きが「Solar Panels Change the World」となることの一助となることを願い、努力を続けます。

私達は総合建設と太陽光発電の二つの事業を更に推進し、人類社会の進歩発展に貢献することを願い、精進して参りたいと思います。

皆様の益々のご愛顧をお願い申し上げます。

会社案内
  • 社長挨拶
  • 経営理念
  • 会社概要
  • 沿革
  • 組織図